福岡県

岩屋キャンプ場

 

総合評価

区画サイトは7区画

フリーサイトは1日10組までの予約制

のキャンプ場です

基本情報

※2017年の九州北部豪雨の被害を受けて

一時閉鎖されていましたが

2019年にリニューアルオープン

されました!

住所 福岡県朝倉郡東峰村宝珠山4171番地
標高 350m
営業期間 通年(年末年始休み)
IN 12:00~17:00
OUT 11:00
サイト使用料
1泊
フリーサイト:1,650円(税込)
 (550円/1人+1,100円/1張)
区画サイト:2,200円(税込)
 (550円/1人+2,200円/1張)
サイト使用料
DAY
フリーサイト:1,430円(税込)
 (330円/1人+1,100円/1張)
区画サイト:2,550円(税込)
 (330円/1人+2,200円/1張)
問い合せ・予約 TEL:0946-23-8423
ホームページ  公式ホームページ

詳細情報

車の横付け 区画サイト:OK
フリーサイト:炊事棟前に駐車
ペット 同伴OK(リード、ゲージ使用)
ゴミの処分 びん・かん以外は処分OK
レンタル品他 テント、調理器具、寝袋他、多数あり。
携帯電波状況 ソフトバンク携帯はテントサイトでは殆どつながりませんでした。
コテージでは問題なく繋がります。
入浴施設 無し。車で10分の場所に銭湯「いずみ館」あり。
遊具 なし。
おすすめキャンプスタイル ファミリー、ソロ向け。

 

キャンプ場全体図

このキャンプ場は

コテージ7棟、バンガロー3棟

フリーサイト10張、区画サイト7区画

がそれぞれ広い敷地内にエリアを分けて存在します。

それでは、順番に見ていきましょう。

キャンプ場入口

キャンプ場の入り口はマップの右下です。

 

大きな看板が出ているので、分かり易いと思います。

看板前の坂を上っていくと、左手にバンガローが3棟見えて、その先の右手に管理棟があります。

入口の坂が少し急なので、雪が積もったり道が凍るような時は、スタットレスかチェーンがないと登れないと思います。

 

バンガロー(3棟)1棟6名まで

料金(税込) 1棟:5,500円
設備 中は蛍光灯、電源、ベットのみ
その他 玄関の外に水道あり

 

入口の坂を上っていくと、左手にバンガローが見えてきます。

見た感じは、シンプルなごく普通のバンガローです。

室内は蛍光灯と電源、ベッドのみなので自分で必要な道具を持っている人ならテントの代わりに使うのも良いかも知れませんね。

逆にあまり装備を持っていない人には使いにくいかも…。

 

管理棟

バンガローを通り過ぎてさらに進むと、右手に管理棟が見えてきます。

 

大きな建物なので、一目で分かります。

すてら”と言う名前の管理棟で、ここで最初に受付をしましょう!

 

管理棟にはレンタル品や、炭や薪、スウェーデントーチも置いています。

レンタル品(税込) テント(5、6人用):3,300円
テントタープ付:3,850円
BBQセット:1,650円
テーブルチェアセット:1,650円
寝袋:550円
ランタン:330円
カセットコンロ:1,100円
その他多数
販  売  品(税込) 炭(1kg):550円
薪(1束):550円
ガス缶:330円
紙皿、コップ、箸(4人分):165円
トランプ:330円
その他(スウェーデントーチ)

スウェーデントーチの値段を忘れてしまったけど、確か700円前後だったと思います。

普通のアウトドアショップで買うと2,000円前後するので、かなり格安です!

スウェーデントーチ初体験にはちょうどいい!!

 

ごみ捨て場も管理棟の横にあります。

びん・かん以外の燃えるゴミのみ処分可能です。

 

コテージ(7棟)1棟5名まで

料金(税込) 19,800円(※繁忙期)
16,500円(※通常期)
設備 シャワー、トイレ、ソファ
ビーズクッション、炊飯器
電気ケトル、電子レンジ
冷蔵庫、布団

繁忙期(5月~10月)

通常期(11月~4月、5・6・10月の平日)

 

管理棟の前から、さらに先に上っていくと左手の道沿いにコテージが並んでいます。

まず最初に管理棟の前に、

「つばき」「いちょう」「けやき」

の3棟が並んでいます。

入口近くのバンガローと違い、設備も整った立派なコテージです。

1棟5名までですが、見た感じ5名で余裕をもって宿泊出来そうな広さです。

 

さらに道を上って行くと、

「もみじ」「つつじ」

があります。

 

名札が出ているので分かり易いですね。

入口がちょっと急な坂になっているので、車高を低くしている車は下をこすってしまうかも知れませんので、気を付けてください。

 

中に入っていくと駐車場があります。

ここに車を停めて、写真右上の階段を登ると「もみじ」「つつじ」に到着です!

 

 

右手の【つつじ】

 

左手の【もみじ】

どちらも作りは同じで、外観もお洒落でキレイです。

1棟5名までなので、家族や少人数のグループでの利用にちょうど良さそうですね。

 

コテージ側から先ほどの駐車場を見たところ。

 

もう少し道を上っていくと

【ぶな】【みずき】

が見えてきます。

 

左手に【ぶな】の名札が見えます。

 

名札の前が駐車場です。

 

駐車場奥の階段を登って行きます。

 

さらに登ります。

 

もうすぐ到着かな?

 

と思ったら、細い道・・・。

 

そしてまた階段・・・。

 

ちょっと息が切れてきた頃に、

ハイ到着!

急いで歩けば1~2分で到着できるけど、荷物をたくさん持ってるとちょっとシンドイ距離ですね。

車に忘れ物をすると、取りに帰るのが面倒だろうな~と思いました。

 

【ぶな】のすぐ奥に【みずき】があります。

【ぶな】も【みずき】も造りは同じで、外観もきれいです。

先ほどの【つつじ】【もみじ】より高台にあるので、見晴らしはこちらの方が良いでしょう!

 

 

それではいよいよテントサイトを見ていきましょう!

テントサイト

 

 

【ぶな】【みずき】を通り過ぎて、さらに道を進んでいくと”テントサイト”の案内が見えてきます。

またまた急な坂道ですが、この先の頂上にテントサイトが広がっています。

 

はい、坂を登り切れば到着です!

 

到着すると、目の前にある大きな建物がトイレです。

トイレの中は後で紹介しますね。

 

そしてトイレの右側にテントサイトが広がっています。

 

テントサイト全体図

それではフリーサイトから見ていきましょう。

フリーサイト
フリーサイト(10張) 1,650円(税込)
(550円/1人+1,100円/1張)

 

テントサイトの中央の広場がフリーサイトになっています。

ロープが張られている中がテントを張っていいゾーンです。

フリーサイトは1日10組までなので、テント同士がある程度距離を取れるし、大型のテントやタープでも余裕をもって張ることができますね!

訪問したのが2月だったので芝は枯れていたけど、夏は芝も綺麗ないい感じのサイトになるみたいです!

 

フリーサイト内(ロープの内側)には車の乗り入れは禁止になっているので、車は炊事棟の前にとめましょう。

↑こんな感じで、皆炊事棟の前にとめています。

 

 

次は区画サイト

区画サイト
区画サイト(7区画) 2,750円(税込)
(550円/1人+2,200円/1張)

区画サイトは全部で7区画で、全部電源付きです!

 

テントサイトの右側に1列に並んでいます。

手前側から奥へ向かって、①~⑦の番号が振られています。

 

1区画は6.5m×7.8mで、車を入れるとちょっと狭い感じです。

ただし、テントやタープは区画からはみ出して張っても良いそうですので、トラブルを避ける為にも、お隣さんとしっかりコミュニケーションを取ったうえで設営しましょう!

 

隣とは植木で目隠しがされているので、ある程度プライベートも守られて、隣の目を気にせずにキャンプを楽しむ事ができますね。

 

電源はこんな感じ。

ホットカーペットやヒーター等の電気製品が使えるのは、冬キャンプで心強いですね。

 

⑤区画からの眺め

どの区画からも、眺めは同じような感じです。

 

炊事棟

炊事棟はテントサイト入口の左手にあります。

 

小さなテーブルとイスがあるので、雨が降ってもここで食事ができそうです。

 

シンクの横には作業台も付いているので、食材を切って調理するのに便利ですね。

 

かまども有るので、自分で調理器具を持っていなくても、ここで焚火を使って料理もできます!

炊事棟は全体的にきれいで、清掃も行き届いている感じです。

水回りがきれいなのは嬉しいですね!

 

トイレ

リニューアルオープンしてから新たに建て直されたので、非常にきれいなトイレです。

トイレはテントサイトの入り口にあります。

 

中は清潔感があって、非常にきれいです!

 

もちろん個室もきれい!

 

多目的トイレもあります。

 

 

まとめ
  • 2019年にリニューアルオープン
  • 福岡市内から1時間ちょっとで行ける
  • フリーサイトは1日10組限定
  • 通年営業で冬キャンプOK
  • 動物同伴OK
  • 場内に入浴施設なし
  • トイレがきれい
  • 燃えるゴミのみ処分可能
  • レンタル品が充実
  • 人気の為早めの予約が必要

 

総合評価

このキャンプ場は九州北部豪雨の被害を乗り越えて、2019年にリニューアルオープンしました。

広い敷地内にバンガロー・コテージ・テントサイトがあり、どれも綺麗に整備されたキャンプ場です。

レンタル品が充実しているので、手ぶらで行ってもキャンプを楽しめます。

山間にあるのどかなキャンプ場なので、夜は車の音も無く静かに過ごす事ができそうです。

ただ、人気のキャンプ場の割にフリーサイトは1日10組、区画サイトは7区画と収容人数はあまり多くないので、予約が取りずらいのが難点です。

ホームページで予約状況を確認できますが、週末は3か月先まで埋まっている事が多いです。

それだけ居心地の良いキャンプ場と言うことでしょう!

 

 

こちらの記事もおススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です