福岡県

源じいの森キャンプ場

 

総合評価 

 

【調査日】2019年7月

 

基本情報

住所 福岡県田川郡赤村大字赤6933-1
営業期間 通年
チェックイン・アウト 宿泊:13時~翌12時 デイ:9時~17時
利用料金 キャンプ料金表 入場料:\200 持込テント:\1,000 タープ\300

ロッジ料金表 \10,000~\35,000

バンガロー料金表 \7,500~\13,000

テントサイト 全て土のフリーサイト

リバーサイドガーデン:川沿いの静かなエリア

グリーンシャワーガーデン:遊具があるファミリー向けサイト

問い合わせ先 源じいの森 TEL:0947-62-2911
ホームページ 源じいの森(キャンプ場)

詳細情報

車の横付け NG 管理棟でリアカーを借りられるのでサイトまで運べます。
ゴミの処分 場内にて処分可(受付で指定のゴミ袋1枚\100で購入できます)
携帯電波状況 しっかり入ります(ソフトバンク携帯で確認)
入浴施設 源じいの森温泉」が道を挟んで反対側にあり。歩いて行けます。
直火 NG
遊具 「グリーンシャワーガーデン」エリアにすべり台等のアスレチック遊具あり。
レンタル・販売 薪:1束\500、毛布:1枚\300 他
おすすめキャンプスタイル ファミリー・ソロ・カップル全てOK

 

 

キャンプ場全体

このキャンプ場はテントサイトが2ブロックに分かれていて、それぞれ特徴がありますので、まずはその説明を。

地図の黄色い枠が「グリーンシャワーガーデン」エリア。

このエリアは遊具があるので、主に子供連れのファミリーが多く利用するエリアです。

サイトは広場を中心にテントを張る場所も多く、大型のテントも大丈夫です。

 

赤い枠が「リバーサイドガーデン」エリア。

その名の通り、川沿いのエリア。

川に沿った縦長のサイトで、車の横付けは出来ないけど、サイト脇の道に車を停めておく事が出来るので、リアカー無しでも荷物の運搬が可能です。

こちらはソロや、静かにキャンプを楽しみたい人向けのエリアですね。

 

 

それでは先ずは、キャンプ場の入口の説明から。

グーグルナビ通りにやってくると、キャンプ場手前で左折の合図が出ます。

↓この写真の橋を左折して渡ります。反対から来た人はもちろん右折で(笑)

 

この橋を渡ります。

 

渡ったらこんな感じ。

直ぐに左折するとキャンプ場入口。そのまま直進すると50m位で右側に「源じいの森温泉」の入口。

更に直進すると100m位で、左側に「リバーサイドガーデン」エリアの入口があります。

 

これが100mほど直進したら見えてくる「リバーサイドガーデン」の入口。

 

で、最初のキャンプ場入口へ左折するとこんな建物があって、受付を写真左側の棟で行います。

 

受付が終わったら「グリーンシャワーガーデン」に行く人は、この建物右側にある道を車で進んで奥にある駐車場へ向かいます。

第2駐車場の方ね。

 

第2駐車場に進んでいると途中左手に「管理棟」があります。

ここにリアカーや薪がありますよ。

ここを左に曲がると5人用ログハウスとガーデンホームがあります。

 

5人用ログハウスが2棟並んでいて、更に奥にガーデンホームがあります。

 

↓これがガーデンホーム

キャンピングカーにウッドデッキが付いた感じですね。

外国のキャンプはこのキャンピングカースタイルが多いみたいですよ。

 

管理棟を左折せずに真っ直ぐ奥へ進むと第2駐車場です。

40~50台くらい停められそうな広い駐車場です。

 

 

それでは、各エリアの状況を見てみましょう!

 

グリーンシャワーガーデン

第2駐車場の奥がエリアになっていて、入口にこんな注意書きがあります。

書いてある通り、荷物はリアカーで運びましょう。

 

 

サイト全体は?

 

入口からサイト内を見たところ。

 

広場の周辺に遊具がいろいろあります。

 

テントは広場にも張れますが、子供たちの遊び場にもなっているので、中央付近はさけて、周辺のスペースに張るのが良いでしょう。

広場の奥のほうに↓こんな感じの良い場所があります。

 

さらに奥には川遊びが出来るところが。

 

 

炊事棟は?

 

このエリアには炊事棟は2箇所あります。

1つ目はここ。

 

綺麗に清掃されていて、広くて使いやすそう。

 

かまども有りますよ。

 

2つ目はここ。

 

こちらも綺麗で安心です。

 

 

トイレは?

トイレは駐車場から広場に入って直ぐ右側に、1箇所あります。

 

非常に綺麗で清潔感があります。キャンプ場のトイレとしては文句ありません。

 

個室は和式です。

 

雨宿りできる屋根付きの建物もありました。

 

 

シャワー室も!

広場の脇にシャワー室もあります。

中央から裏側へ回ると入口があって、左右で男女に分かれています。

 

裏にまわって右側に男側入口。

 

中に入るとシャワー室と

 

着替え室。

 

シャワー室の目の前に川が流れているので、川遊びした後に直ぐにシャワーを浴びられるのは便利ですね!

 

グリーンシャワーガーデンのまとめ
  • 遊具があるので、小学生くらいまでの子供連れで行くと楽しめます。
  • サイトは周りを小川で囲まれているので、夏は川遊びも出来ます。
  • サイト内にシャワー室があるので、川遊び後にシャワーを浴びられます。
  • 車の乗り入れは出来ないので、リアカーを借りて運びましょう。
  • サイトは広いので、大型テントやタープも自由に設営可能です。

 

 

 

リバーサイドガーデン

 

リバーサイドガーデンに行く道は2通りあります。

・1つ目は車で行く方法

源じいの森入口を通り越して、源じいの森温泉の先にある入口から入ります。

↓ここから左折して道を下っていくとキャンプ場内へ入れます。

 

・もう一つ目は受付から歩いて行く方法。

グリーンシャワーガーデンの駐車場に向かう途中に、左手に管理棟がある辺りで、右側に細い小道があるので、ここを下っていきます。(↓写真右側の細い道)

 

この道を進んでいくと

 

上に線路が通ってるので、その下をくぐって行きます。

 

こんな道を突き進むと

 

橋が見えてきて

 

橋の下を過ぎるとリバーサイドガーデンに到着です!

 

車で来たら、ここまで入って来れます。

歩いてくると写真上の橋の下をくぐって、こちらに出てくる感じです。

 

それでは

 

サイト全体は?

サイトはこちらも全てフリーで、川に沿った縦長のサイトです。

木の下だと日陰もあって、タープ要らずかも。

 

こちらの川は若干深さがあるので、水遊びはどうかな・・・?

 

よくカモが泳いだり、歩いたりしてるけど今日は居なかった。

居るときは、テントのそばまでやってくる事もあるので可愛いですよ。

 

リバーサイドガーデンは場内に車で入ることが出来て、写真左の窪んだスペースに車を停める事が出来ます。

 

 

炊事棟は?

このエリアにある炊事棟は1箇所です。

作りはグリーンシャワーガーデンとほぼ同じで、綺麗に清掃されていて良い感じです。

 

はい、綺麗ですね~。

 

かまども掃除済み!

 

炊事棟の裏に、こんな洗い場もありました。

川で遊んで汚れた足とか洗えそうです。

 

 

トイレは?

このエリアにトイレは1箇所あります。

昔のお蔵風の建物です(笑)

 

中はもちろん水洗で綺麗ですよ。

 

個室は和式で、ちょっと狭いです。

 

屋根付きの避難所?的な建物もありました。

テーブルと椅子が付いてるので、雨が降ってきてもここで食事や雨宿りが出来ますね。

 

リバーサイドガーデンのまとめ
  • 「グリーンシャワーガーデン」に比べて静かで、ゆっくり出来る。
  • 川沿いの縦長なサイト。
  • シャワーは無いけど、足を洗える水道がある。
  • テントは設営方向を考えれば、大型テントでも設営可能。
  • たまにカモがやってきて可愛い(笑)

 

 

ロッジ・バンガローは?

ロッジ・バンガローは、車でリバーサイドガーデンの入口に入って直ぐ左手にあります。

↓ここを入って直ぐ左手

 

オシャレなログハウスやバンガローが並んでいます。

 

このエリアが「源じいの森温泉」に一番近いです。

徒歩3分くらい。

 

温泉は?

道を挟んで反対側に「源じいの森温泉」があります。

 

途中にある↓この建物は「民芸館」なので間違えないように。

 

さらに奥へ進むと温泉があります。

営業時間:10時~22時(受付21時迄)

温泉料金表

 

最後に

ゴミ捨て場

 

ゴミは指定のゴミ袋を受付で買って、ゴミ捨て場に捨てましょう。

もちろん、ちゃんと分別してからですよ。

入口駐車場の脇に看板があって、その右奥にゴミ捨て場があります。

 

 

 

総合評価 

2つのサイト「グリーンシャワーガーデン」「リバーサイドガーデン」はそれぞれ特徴があって、自分のキャンプスタイルに合った方を選ぶ事が出来るのが良いですね。

隣接する「源じいの森温泉」へは、どちらのサイトからも歩いて行ける距離なので、飲んだ後でもお風呂に行けるのは非常にありがたいです!

場内はスタッフによる清掃がしっかりと行き届いていて、トイレはもちろん、シャワー室や炊事棟も清潔に保たれています。

キャンプ初心者には、安心しておすすめ出来るキャンプ場です。

こんな感じのキャンプ場なので非常に人気があり、夏休みなどの繁忙期は早めに予約しないと無理そうです。

実際、ロッジやバンガローは7月上旬の時点で、8月の週末はほとんど予約で埋まってます。

皆さんご利用の際は、早目に予約を!

 

 

こちらの記事もおススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です